Holding List

Outline

AI白書 2019
企業を変えるAI 世界と日本の選択
独立行政法人情報処理推進機構 AI白書編集委員会 編
角川アスキー総合研究所
2019/09/10
9784049110142
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

This material is reference only.

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Titles AI白書 2019 企業を変えるAI 世界と日本の選択
Author 独立行政法人情報処理推進機構 AI白書編集委員会 編
Publisher 角川アスキー総合研究所
Pub. Date 2019/09/10
Classification 1
007 情報科学
Author No. JYO
Registration No. 201900254
Page 495p
Size 30m
ISBN 9784049110142
Reserve Item AI・インシュアテック・自動運転・サイバーセキュリティ特集
URL 国立国会図書館サーチの書誌詳細画面のURL
Contents Note 1 第1章 巻頭特別対談
Contents Note 2 1.1. < 対談1> 冨山 和彦 氏(経営共創基盤 代表取締役CEO)x 中島 秀之 氏(札幌市立大学学長)
Contents Note 3 <対談2> 尾原 和啓 氏(ITジャーナリスト)x 松尾 豊氏(東京大学 特任准教授)
Contents Note 4 1.2. 解説「経営者(あなた)は(AIで)何を壊し何を創るか」
Contents Note 5 第2章 技術動向
Contents Note 6 2.1. 総論(技術の全体像、マッピング)
Contents Note 1 2.2. ディープラーニング
Contents Note 2 2.3. 自然言語処理
Contents Note 3 2.4. 知識処理とデータ
Contents Note 4 2.5. 身体性とロボティクス
Contents Note 5 2.6. AIと社会
Contents Note 6 2.7. AI人材の育成
Contents Note 1 2.8. 開発基盤
Contents Note 2 2.9. 標準化・オープンプラットフォーム
Contents Note 3 2.10. 各国の研究開発
Contents Note 4 2.11. 今後の展望
Contents Note 5 コラム01 「AIによるクリエイティブの可能性」 川上 量生 編集委員
Contents Note 6 コラム02 「機械学習工学」 丸山 宏 株式会社Preferred Networks
Contents Note 1 コラム03 「構成的計算神経科学」 浅田 稔 編集委員
Contents Note 2 第3章 利用動向
Contents Note 3 3.1. 総論
Contents Note 4 3.2. 技術分野別のディープラーニングの利用動向
Contents Note 5 3.3. 国内における利用動向
Contents Note 6 3.4. 海外における利用動向
Contents Note 1 3.5. AI導入予算・AI市場の規模
Contents Note 2 3.6. 今後の展望
Contents Note 3 特集 データで見る中国のAI動向
Contents Note 4 資料A 企業におけるAI利用動向アンケート調査
Contents Note 5 コラム04「日本の人工知能」 辻井 潤一 編集委員
Contents Note 6 第4章 制度政策動向
Contents Note 1 4.1. 総論
Contents Note 2 4.2. 知的財産
Contents Note 3 4.3. AIに関する原則、ガイドライン等
Contents Note 4 4.4. 制度改革
Contents Note 5 4.5. 国内の政策動向
Contents Note 6 4.6. 海外の政策動向
Contents Note 1 コラム05 「法整備はゆっくりやれば当然できる。スピードが肝」 喜連川 優 編集委員
Contents Note 2 コラム06 「AIと倫理・社会受容性」 北野 宏明 編集委員
Contents Note 3 第5章 AIの社会実装課題と対策
Contents Note 4 5.1. 総論
Contents Note 5 5.2. 社会実装に係る課題調査
Contents Note 6 5.3. 特定領域の深掘り調査
Contents Note 1 5.4. 社会実装課題の抽出と分析
Contents Note 2 5.5. 社会実装推進の方向性の提示
Contents Note 3 5.6. 社会実装推進の方向性の特定領域への適用
Contents Note 4 5.7. 今後の展望

Holding List

Holding1 items