Holding List

Outline

ロボット法
Pagallo Ugo 新保 史生 松尾 剛行 工藤 郁子 赤坂 亮太
勁草書房
2018/01
978-4-326-40345-5
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Titles ロボット法
Author Pagallo Ugo 新保 史生 松尾 剛行 工藤 郁子 赤坂 亮太
Publisher 勁草書房
Pub. Date 2018/01
Classification 1
007 情報科学
Author No. PA
Registration No. 201900284
Page 237p
Size 22cm
ISBN 978-4-326-40345-5
Notes 文献あり 索引あり NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。 THE LAWS OF ROBOTS
Reserve Item AI・インシュアテック・自動運転・サイバーセキュリティ特集
Subjects ロボット--法令 人工知能--法令
URL 国立国会図書館サーチの書誌詳細画面のURL
Contents Note 1 日本語版に寄せて/序文/謝辞
Contents Note 2 第1章 イントロダクション
Contents Note 3 概要
Contents Note 4 第2章 法、哲学、技術
Contents Note 5 概要
Contents Note 6 2.1 法哲学とロボット
Contents Note 1 2.2 責任の原理
Contents Note 2 2.3 行為主体性と人工的主体の答責性
Contents Note 3 2.4 誰が費用を支払うのか
Contents Note 4 第3章 犯罪
Contents Note 5 概要
Contents Note 6 3.1 SFシナリオ
Contents Note 1 3.2 心理状態と犯罪行為
Contents Note 2 3.3 ロボットと正戦
Contents Note 3 3.4 チンピラロボット(Picciotto Roboto)の現象学
Contents Note 4 3.5 因果関係の失敗
Contents Note 5 第4章 契約
Contents Note 6 概要
Contents Note 1 4.1 契約、条項およびリスク
Contents Note 2 4.2 AIドクター
Contents Note 3 4.3 ロボ・トレーダー
Contents Note 4 4.4 現代のロボット、古代の奴隷
Contents Note 5 4.5 無人輸送手段革命
Contents Note 6 第5章 不法行為
Contents Note 1 概要
Contents Note 2 5.1 悪質な故意
Contents Note 3 5.2 子ども、ペットおよび過失
Contents Note 4 5.3 AI従業員と厳格責任ルール
Contents Note 5 5.4 立証責任
Contents Note 6 第6章 メタ技術としての法
Contents Note 1 概要
Contents Note 2 6.1 法的人格としてのロボット
Contents Note 3 6.2 厳密な意味での行為者としてのロボット
Contents Note 4 6.3 善悪の発生源
Contents Note 5 6.4 複雑性のレベル
Contents Note 6 終 章 まとめ
Contents Note 1 監訳者あとがき/文献事項/索引

Holding List

Holding1 items